これがわたしの生きる道

より自由の高みを目指すアラカン日記

卒婚ってこんな感じ

いつか書いてみたかった「わたしの卒婚」

なかなか書けなかったのは、卒婚に対する認識が自分と周りとでは大きく違っていたから。

       f:id:heromikoto:20220116231729j:plain

卒婚して早4年。

ほんの数年前のこと。

今では多くの人がカミングアウトしてるけど、当時は結構冷ややかだったかも。

「卒婚しました」の葉書を送ったときは、いろいろ反応があってビックリ!

 

先ず、

①卒婚という言葉を知らなかった人。

調べてくれたらしい。

そして応援してくれる人と、今さらどうすると心配してくれる人に分かれた。

 

②卒婚を離婚と同一視してる人。

何か慰めの言葉をかけてくれて心配してくれて、いい人見つけなさい!なんて励ましてくれた。

 

③理解できない人。

離婚する必要が無いのに、わざわざ別居する意味がわからないという感じ。

怒りだったり同情心だったり。

 

④羨ましいと思うけど自分には無理という人。

子育て卒業したらセカンドライフは自由にしたいけど、離婚するほどの難が無ければ、夫婦は一生添い遂げるもの。

喧嘩ばかりでも悪態ついてても、ひとりは寂しいし孤独死とか嫌だし、何よりも経済的な理由が壁になってるって。

 

ありがたいことに仕事や住む場所など、問題なく話が進んだので、私たち夫婦はめでたく別居型卒婚をすることができました。

 

けれど、夫の認識は何かやましい事と思っていたらしく、卒婚の事実は最初隠していたのよね。嫁に逃げられた夫なんて思われたくない、男のプライドかな?

 

ただの思い込みなんだけどね。

だって、見方を変えれば奥さんに理解のある旦那さんよ。

わたしの友人は皆んなそう言ってたもん。

 

 

まあ結局、隠しきれなくなって周りに話し始めたら、意外と理解があって、と言うか、他人のことなんて誰も気にしてないことを知って安心したらしい。

かえって、羨ましがられたり、どうしたらいいか相談に乗ってほしいと言われたり。

そして、やっぱり奥さんに理解のある旦那さんと称賛されたらしく、気分よく過ごしているみたい。

 

でも何で、奥さんに理解のある旦那さんなんだろうね。

旦那さんに理解のある奥さんとは言われないってことは、奥さんのワガママって思われているのかしら?  今頃気付いた私・・・

夫が楽チンならそれでいいってことで、細かいことは気にしないで行きましょう!

 

大事なことは、卒婚によってお互いが幸せで笑顔になれることだもの。

困った時はお互い様の精神で、何かあれば一番に駆けつけてサポートし合う。

たまには家族みんなで食事する。

そんなペースで過ごしています。

 

 

自分のことは自分でやる。

夫は、この経験で、意外と家事が得意な自分に気付いたそう。

さらには、私がいかに自分の時間を削って、家族のために動いていたのかを身をもって実感したとか。

だからこの卒婚は必要だったとも言ってくれました。

 

これってすごい進歩です。

 

誰もが卒婚に向いているわけじゃないと思います。

私たち夫婦は、この関係性が最良だったってこと。

 

新しい時代は、夫婦の在り方が変わっていくと言われていますね。

もっと自由な関係性になるとも。

 

週末婚事実婚

もっともっと新しい関係性が出てくると思います。

 

自分達にとって最良な関係性で、幸せを満喫できたらいいですね。

もう誰か一人が我慢したり、世間体を気にしながら生きていく時代は終わりました。

人生100年時代。

動けるうちに自由は謳歌したほうがいい。

自分の人生は自分で切り拓けばいいんです。

 

あっ、わたしは重大な決断の時には直観を駆使していますけどね。

卒婚も、直観と勇気でした〜